『セックス・アンド・ザ・シティ』の撮影現場はピリピリ一触即発!キムとサラの不仲が悪化?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
キム・キャトラル

 サラ・ジェシカ・パーカーキム・キャトラルの不仲で『セックス・アンド・ザ・シティ』続編の撮影現場は気まずい雰囲気に包まれているという。

 以前から不仲説は報じられてきたが、互いを毛嫌いしている二人は撮影現場で口もきかず、ほかの出演者やスタッフの居心地はかなり悪いようだ。「キャストのみんなは、表向きは笑顔を見せているが、実際の嫌悪感は信じられないほど。誰も撮影を楽しんでいない」とある関係者は語る。

 キャリー・ブラッドショーを演じているサラは、映画の撮影と6歳の息子ジェイムズくん、そして代理出産で6月に誕生したばかりの双子のマリオンとタビサちゃんの面倒でものすごいストレスを抱えているという。「スタッフは彼女のことを“キャリー・サッドショー”と呼び始めた。撮影シーンがないときは本当に悲しそう(サッド)にしているんだ」とのこと。

 キムのストレスも相当らしく、共演者のシンシア・ニクソンクリスティン・デイヴィスは撮影に来るのがイヤになるほどらしい。「キムはチャンスがあればサラをけなし、現場の緊張感はものすごい張りつめている。不仲のせいでシンシアとクリスティンもテンションが下がっている」と関係者はコメントしている。(BANG Media International)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]