実写映画版「カウボーイビバップ」の制作費は5億ドル?キアヌ・リーヴスが明らかに

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「とりあえず5億ドルはかかるんだ!」キアヌ・リーヴス

 ロビン・ライト・ペンと共に主演を務めた新作映画『ザ・プライベート・ライブス・オブ・ピッパ・リー』(原題)のプロモーション中のキアヌ・リーヴスが、自らが企画している実写映画版「カウボーイビバップ」の進行状況について明かした。

 キアヌはMTVのインタビューで、「実写映画版『カウボーイビバップ』の脚本のドラフトが出来上がっている。脚本家のピーター・クレイグがとても素晴らしい仕事をしたよ。しかし、脚本を映像化するには5億ドル(約450億円)掛かるんだ!」とジョークとも取られない驚くべき金額が飛び出した。この金額は映画を製作する20世紀フォックスが判断したようで、「『カウボーイビバップ』の実写映画化はとても素晴らしい! でも、5億ドルの制作費が掛かるだろう」と言われたとキアヌは語り、脚本家のピーターがドラフトの書き直しを始めたことを明らかにした。構想14年、制作4年というのジェームズ・キャメロン監督の超大作映画『アバター』でさえ総費用2億7,300万ドルなので、この制作費5億ドルという金額はまだ企画段階の仮の金額であることが判断でき、ハリウッドでは実写映画版「カウボーイビバップ」は1億ドルくらいで製作できるのではとうわさされている。

 キアヌは、実写映画版「カウボーイビバップ」にはすべてのキャラクターが登場することも明らかにし、「(カウボーイビバップの主人公である)スパイク・スピーゲルからアインまで映画の要素として物語に組み込まれるだろう」と説明している。自らがアニメ「カウボーイビバップ」の大ファンであり、2度も来日して映画化への熱意を伝えたキアヌのおかげで実写映画化が実現したとサンライズの内田健二社長も語っており、キアヌがプロデューサーとして制作費の問題や脚本、ファンも納得する実写映画化と難問をうまく解決してくれそうだ。

 実写映画版「カウボーイビバップ」は、20世紀フォックス、3アーツエンタテイメント、アニメを制作したサンライズの三社により映画化され、今年1月の正式発表ではアソシエイトプロデューサーとして内田健二(サンライズ社長)、渡辺信一郎(アニメ版監督)、信本敬子(アニメ版シリーズ構成)がかかわり、キアヌが主演を務めることが明らかにされている。アニメ「カウボーイビバップ」は、位相差空間ゲートにより太陽系の移動が便利になった2071年を舞台に、賞金をかけられた犯罪者を捕まえる賞金稼ぎ「カウボーイ」のスパイクとその仲間たちの活躍を描くハードボイルドタッチのSFアクションだ。アメリカでの人気も高く、現時点でアニメ版の音楽を担当した菅野よう子の参加が明らかにされてなく、アメリカのファンからは「菅野の音楽のないビバップはビバップとは呼べない!彼女の音楽はストーリーより重要だ」や「もし菅野よう子が映画版に参加しないのなら、おれはこの映画のことは無視するね」という熱いコメントが寄せられている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]