竹中直人、吉田拓郎の歌を口ずさみ「再婚できなかった」浅田美代子に怒られる!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
神林噛歯(かんばやしかんば)の名司会ぶりに大盛り上がり!?

 7日、角川シネマ新宿で映画『僕らのワンダフルデイズ』の初日舞台あいさつが行われ、主演の竹中直人宅麻伸斉藤暁稲垣潤一段田安則浅田美代子、音楽アドバイザーを務めた奥田民生、そして星田良子監督が登壇。竹中は「竹中直人の友人・神林噛歯(かんばやしかんば)」として司会を務めて、舞台あいさつの進行を担当した。

映画『僕らのワンダフルデイズ』写真ギャラリー

 筋書き通りにいかない竹中の司会進行ぶりに、宅間が「君は誰なんだ? まぁ竹中くんがいなくて、今日はスッキリしていていい」と冷ややかな視線を浴びせる中、脱線気味に進行したこの日の舞台あいさつ。登壇者が撮影中のエピソードを振り返っていると、星田監督が突然、「稲垣さんが撮影中に再婚したんですよ」と語り、当の稲垣も「幸せです!」とオノロケを披露。このやりとりに続いて、浅田が「わたしは撮影中、再婚できなかったなぁ」と漏らすと、すかさず竹中は、浅田の元夫である吉田拓郎の歌を口ずさみ、浅田から「もぉヤダ~」と怒られていた。

[PR]

 一方、斉藤は舞台あいさつ直前に緊張でトイレに駆け込み、登壇が少し遅れてしまうハプニングも。ミドルエイジの男たちが夢に向かって再チャレンジする映画の内容そのままに、決して若いとはいえない登壇者たちがワイワイ楽しむ姿が、客席を大いに沸かせた舞台あいさつとなった。

 『僕らのワンダフルデイズ』は自分が余命半年だと偶然知ってしまった平凡なサラリーマン(竹中)が、高校時代の仲間とともにバンドを結成し、コンテスト出場を目指す涙と笑いのヒューマンコメディー。

映画『僕らのワンダフルデイズ』は角川シネマ新宿ほかにて全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]