すご過ぎて気絶しそう…『ソウ7』は3D映画に!シリーズ生みの親が明かす新たな構想!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
最新作映画『ソウ6』より - (C) MMIX Lions Gate Films Inc. ALL Rights Reserved

 映画『ソウ6』のプロデューサーであり、本シリーズの生みの親ともいえるマーク・バーグがインタビューに応じ、映画『ソウ7』を3D映画にする構想があることを明かした。

映画『ソウ6』写真ギャラリー

 一作目の映画『ソウ』は低予算作品だった。それまでプロデューサーのマークは、デンゼル・ワシントン主演の映画『ジョンQ-最後の決断-』などメジャー映画を手掛けていた。だがそのメジャー映画を制作したことが、現在まで続く『ソウ』シリーズのきっかけを作ったという。「あの『ジョンQ-最後の決断-』の公開後、最初に受け取った収支報告書を見ると、何と2,200万ドル(約20億円・以下1ドル90円計算)を僕らが配給会社に借金していることになっていた! 全世界で1億ドル(約90億円)稼いでいたにもかかわらず」とこの経験がマークを、すべて自分でコントロールできるような小さな映画に向かわせた。

[PR]

 シリーズを追うごとに人気はうなぎ上りで、あれよあれよという間に本作で6作目となる。しかし前作『ソウ5』はファンから好意的に受け入れられたとは言いがたい。だがマークは「デヴィッド・ハックル監督はとてもビジュアル的な監督で演出も素晴らしい! それに個人的に前作は好きさ」と絶賛。さらに「彼は3Dで制作する『ソウ7』ですごくいい仕事をすると思う」と次回作を3D映画として制作する構想を明かす。「いったん3D映画を作り始めたら、続けないといけないんだ。2Dに戻るのは難しくなると思うね」と順調に続けば、『ソウ7』から3Dシリーズになるかもしれない。

 そこで気になるのが、前作でファンから厳しい評価を受けながらも制作された最新作の『ソウ6』だ。しかしマークは「多分『ソウ6』は、これまでの『ソウ』シリーズでベストだと思う。エモーショナルにどの映画よりも真実味があるし、俳優の演技もすごい。そして元編集マンだったケヴィン・グルタート監督が持ち込んだスタイルは、ストーリーをどんどん押し進め、観終わったときには『ワオ! 何というライドだったんだろう!』と思うに違いないね」と完成度に自信を持った表情で答えてくれた。

映画『ソウ6』は11月6日よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほかにて全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]