AKB48が名門大学の教授に!?中身がない!であえなく玉砕なるか…学生500人の反応は?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ここで講義します! ブルブル、ガクガク!

 人気アイドルグループAKB48が、ムチャぶり指令に体を張って挑む「AKB48 ネ申テレビシーズン3」で、なんと明治大学にて大学教授となれ! という指令が飛び出し、学生500人の前で講義に挑戦することがわかった。

 この指令、最初はメンバーの大島優子指原莉乃野呂佳代宮崎美穂の4人が、DVDでの特典映像のため、観客なしのスタジオ収録でネ申大学の大学教授となって、自分オリジナルの授業を披露するようにと言われる。ロケ当日、観客なしと聞いていたメンバーは、特に緊張することもなく、移動の車内で伸び伸び過ごしていると、到着した先は、私立の名門・明治大学。そこで初めて、本当の指令が特典映像ではなく、学生の前で講義を披露することだと聞かされる。

 目の前には「AKB48による特別講義」というチラシが! 引き返せないことを実感したメンバーは、さっそく教授にアドバイスをもらうべく、野呂は「笑い」、大島は「人付き合い」、指原は「アイドル写真から学ぶモテ力」、宮崎は「ホラー」の講義を披露。しかし、「中身がない」「話がバラバラ」と全員があえなく玉砕。さらに、講義する教室を見に行くと、そこは500名の学生が入る大学一大きい教室で、メンバーの緊張はさらに高まる。講義まで残り約3時間。メンバーは、講義をより良くすべく、構内で学生に聞き込みをしたり、資料を探しにいったりと奮闘する。そんな中、自身もアイドルファンということから、アイドル写真を通してのモテ力アップや、ヲタ芸について講義する指原は秘策の準備にとりかかる。

[PR]

 「こんなに緊張するのは久しぶり」と語るメンバーたち。緊張と不安が高まる中、果たして無事に学生に対し、ためになる授業をすることができるのか?

『AKB48 ネ申テレビシーズン3』(エーケービーフォーティエイトネモウステレビシーズン3)Vol.7、8(前編・後編)「明治大学にて大学教授になれ!!」11/20(金) 午後11:00~11:30 ほか、vol.8 11/27(金) 午後11:00~11:30 ほか

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]