大泉洋、市村正親に妻の篠原涼子ネタを振るも「それが何か?」と撃沈!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ネタ振り禁止です?(写真左から、市村正親、水樹奈々、相武紗季、大泉洋、堀北真希)

 1日、映画『レイトン教授と永遠の歌姫』の完成披露舞台あいさつが、早稲田大学大隈講堂で開かれ、声優を務めた大泉洋堀北真希水樹奈々渡部篤郎相武紗季らが登壇した。

映画『映画 レイトン教授と永遠の歌姫』

 本作は11月26日に発売されたNINTENDO DSソフト「レイトン教授と魔神の笛」の直後のストーリーを映画化したもの。この作品にはレイトン教授(大泉)と宿敵・デスコール(渡部)に深くかかわる男がキーパーソンとして登場する。この日はそのキーパーソンの声優が舞台俳優の市村正親であることが発表された。その市村がシークレットゲストとして壇上に姿を現すと、大泉はいきなり腰をかがめて、「初めまして、大泉でございます。奥様とは以前、連ドラを一緒にさせていただいたことがございまして」と市村の妻である篠原涼子との共演経験をアピールしながらあいさつした。突然奥様ネタを振られた市村だったが、少しも照れることなく「それが何か?」と軽くかわし、すっかり肩すかしをくった大泉だった。

[PR]

 「こんなに楽しそうな大泉さんを見るのは初めて」と堀北が言うように、若者が集まり熱気あふれる会場の中で、この日は終始、ハイテンションだった大泉。挙げ句の果てには11月の「レイトン教授と魔神の笛」のゲーム完成発表会のときに、「謎が邪魔でストーリーを楽しめない」とコメントしてこっぴどくバッシングされた話を持ち出す始末。「でもあれは、わたしが謎を解けなかったから邪魔だと言っただけ(でゲームが悪いわけではない)」と弁解しつつ、「この映画には邪魔な謎はなくて。あ、無理なく謎は入っていますよ、もちろん。でも、最高にごきげんな作品です」ととびきりの笑顔で締めくくった。

 本作は世界的な大ヒットゲームとなった「レイトン教授」シリーズを映画化した劇場用長編アニメーション。ある日、レイトン教授のもとにオペラのチケットが同封された手紙が届く。差出人はかつての教え子であるオペラ歌手のジェニス(水樹)。その手紙には1年前に亡くなったはずの友人が永遠の命を手に入れて、7歳の少女として現れたと書かれてあった。この不可解な出来事を解明するため、レイトン教授とルーク少年(堀北)、助手のレミ(相武)はオペラが上演される劇場へと向かい調査を始める。

映画『レイトン教授と永遠の歌姫』は12月19日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]