北野武が新作を発表!自ら監督・主演務める本格ヤクザ映画『アウトレイジ』に面白くて仕方ない!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画『アウトレイジ』より、山王会の配下である大友組を率いる大友組長(ビートたけし)とその若頭、水野(椎名桔平)、組員の石原(加瀬亮)

 北野武が、『BROTHER』以来、久しぶりに現代ヤクザを描いた本格的なバイオレンス作品『アウトレイジ』に監督、そして主演することがわかった。

OUTRAGE”(アウトレイジ)とは、直訳すると、“極悪非道”といった意味で、まさに登場人物すべてが悪(ワル)という異色のバイオレンス・エンターテインメント作品である本作にふさわしいタイトルだ。

 そのほかに出演者には、三浦友和椎名桔平加瀬亮、さらに國村隼杉本哲太石橋蓮司小日向文世北村総一朗塚本高史中野英雄など、北野映画初登場ばかりの豪華なキャスティングが集結。今年の夏にクランクインし、現在来年2010年の公開を目指して編集作業が進められている。

[PR]

 特に加瀬亮は撮影中に、いままでの気弱なキャラとは違う迫真のキレ演技を見せ、北野監督が思わず拍手する場面もあったり、また撮影中から編集作業まで、北野監督から「面白くて仕方ない」という発言が飛び出すなど本作への満足度がうかがい知れる。

 物語は、関東一円を取り仕切る巨大暴力団組織である山王会の組長、関内(北村総一朗)が若頭の加藤(三浦友和)に、直参である池元組の組長、池元(國村隼)に苦言を呈すことから始まる。若頭の加藤から、直系ではない村瀬組を締め付けるよう命令された池元は、すぐさま自らの配下である大友組の組長、大友(ビートたけし)にその役目を任す。

映画『アウトレイジ』は、2010年全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]