シネマトゥデイ

屋外で全裸だけどギリギリアリ!白い肢体まぶしい西条美咲、露出の限界「主演女優賞」発売

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
この裸は主演女優賞もの!西条美咲

 谷崎潤一郎原作の映画『白日夢』で主演としてスクリーンデビューし、3人との濡れ場で透き通る白い肢体を大胆に披露した、演技派女優・西条美咲の待望のファースト写真集「主演女優賞」が12月15日にスコラマガジンから発売される。

 西条は、その美しい容姿だけでなく、演技派としても注目されており、初舞台「新宿ミッドナイトベイビー」でも主演として浅野温子と互角に渡り合いその演技力を高く評価されている。デビュー作『白日夢』で惜しげなく裸を披露したが、注目すべき点はそのボディだけではなく演技力。西条自身も、裸をセールスポイントにするのではなく、女優として活躍していきたいという思いがこのファースト写真集からもひしひしと伝わってくる。そんな思いを込め写真集のタイトルも「主演女優賞」と名付けられた。

 写真集は舞鶴フィルムコミッションの協力により、赤れんが倉庫、舞鶴クレインブリッジ、舞鶴漁港や銭湯・日の出湯など、数々の映画やドラマのロケ地が点在する情緒あふれる観光都市・舞鶴市で、若手の実力派カメラマン・中山雅文氏によって撮影された。

[PR]

 企画の打ち合わせで、女優として幅広い表現を写真集に入れたいという西条美咲に対して、中山雅文氏が「行く先々、それぞれのシーンでただ演じればいい。僕はそれを写真に撮る」とアドバイスし、モデルとカメラマンの信頼関係ができた。濡れ場の表現や銭湯のシーンでは、スタッフ全員を立ち入り禁止とし、西条美咲が全裸でカメラマンと1対1になった空間で自由にのびのびと表現したというだけあって、写真集のページをめくるたびに、写真が持つ豊かな表現力に感心し、思わずほほ笑んでしまうという、元気になれる一冊だ。モデルとカメラマンの信頼関係がここまでの表現力を引き出したのだろう。

 映画と舞台の主演で悪役が続いた西条美咲だが、写真集では、100パーセントのすっぴん、弾けるような笑顔、元気いっぱいの明るいカットがたくさん入っており、また、ベッドでのエロス、夜の女などなど、西条美咲が持つすべてをバランスよく切り取った構成になっており、女優の写真集とはこうあるべきというお手本のような写真集「主演女優賞」に仕上がっている。西条美咲に会える発売記念イベントは12月26日午後4時から書泉ブックマートで行われる。

西条美咲写真集「主演女優賞」12月15日発売 スコラマガジン刊

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]