キーラ・ナイトレイ、デヴィッド・クローネンバーグ監督の新作へ出演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
キーラ・ナイトレイ

 デヴィッド・クローネンバーグ監督の新作に今最も旬なスターが顔を揃えることが明らかになった。オーストラリアの映画制作会社ホップスコッチ・フィルムズが、クローネンバーグ監督の新作『ザ・トーキング・キュア』(原題)へキーラ・ナイトレイクリストフ・ヴァルツマイケル・ファスベンダーが出演すると同制作会社のFacebookのページで明らかにした。本作は、クリストファー・ハンプトンの戯曲を映画化するもので、心理学者のカール・グスタフ・ユングと彼の患者である美しい女性、そしてジークムント・フロイトの三角関係を描くストーリーだ。キーラが患者であったサブリナ役を演じ、クリストフとマイケルの2人がユングとフロイトを演じるとみられる。

 本作は、クローネンバーグ監督が2007年頃から温めてきた企画で、ヒロインにキーラ、そしてクエンティン・タランティーノ監督映画『イングロリアス・バスターズ』で大注目のクリストフとマイケルの2人が再共演するとなると期待せずにはいられないだろう。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]