『アバター』のゾーイ・サルダナ、男に生まれるべきだったのかも

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ゾーイ・サルダナ

 映画『アバター』のゾーイ・サルダナが、自分は男性に生まれるべきだったと考えることがあるという。

ゾーイがそう考える理由は、自分の洋服の趣味や性格が女性的ではないからとのこと。「わたしはとても強い個性を持っていて、物ごとに挑むのが好き。あと男性用の服を着ると権限を持った気分になるので、よく男性用のスーツを着るの。きっと男性に生まれるべきだったんだわ!好きな色は黒。わたしのように独立していて、大胆で思い切りのいい黒が好きでよく着るの」と語る。

男性的だというゾーイだが、映画界の女性の少なさを残念に思っているようだ。「スティーヴン・スピルバーグやジェームズ・キャメロンと一緒に仕事をするのはとても楽しかった。彼らは自分にとても正直で、映画館で人が観たくなるようなストーリーを語る人たち。わたしは自分の仕事にとても満足していて、これからも、いろいろなことを学びたいと思っている。でも、映画業界の女性ともっと仕事をしたいの。この世界は女性の数が少ないと思うわ」と、エル誌に語っている。(BANG Media International)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]