ニコラス・ケイジ本領発揮!ドイツの巨匠による衝撃作『バッド・ルーテナント』の男くさいポスター解禁!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画『バッド・ルーテナント』ポスター - (C)2009 LIEUTENENT PRODUCTIONS,INC.

 ニューヨーク派の鬼才アベル・フェラーラ監督が1992年に放った問題作映画『バッド・ルーテナント/刑事とドラッグとキリスト』を、ニコラス・ケイジ主演でリメイクした映画『バッド・ルーテナント』の男くさいポスタービジュアルが解禁された。

 ハリケーン・カトリーナが襲来した直後のニューオーリンズで、逃げ遅れた囚人を救い出したことで表彰され、昇進を成し遂げた正義の刑事テレンス・マクドノー。しかし彼は賭博に興じ、恋人の高級娼婦(しょうふ)フランキーと共にドラッグに手を染める悪徳警官だった……。1992年のオリジナル版とは異なったストーリーで展開する本作は、フェラーラ監督版をまったく観たことがないというニュー・ジャーマン・シネマの巨匠ヴェルナー・ヘルツォーク監督がメガホンを取り、ニコラスが映画『リービング・ラスベガス』以来のシリアスな表情を見せる作品として話題を呼んでいる。

 悪徳刑事に成り切っているニコラスがこちらをにらみ付けている大胆な構図のポスターには「正気か、狂気か。」「荒廃した街 ニューオリンズ 最悪な男が、 躍動する。」との文字が、潔白をイメージさせる白色と暴力を連想させる赤色で書かれている。そしてその下にはサイレンをともした幾台ものパトカーが夜霧に浮かび、銃を手にした刑事たちの姿がある。このハードボイルドなデザインのポスターからは、男くささがムンムンと漂ってくるようだ。

[PR]

 『リービング・ラスベガス』での落ちた男を彷彿(ほうふつ)とさせる演技を本作で見せたニコラスは、見事トロント映画批評家協会賞で主演男優賞を受賞するなど演技派としての本領を発揮。またアメリカで最も信頼される映画評論家であるロジャー・エバートが、本作を2009年のベスト・テンにランクインさせるなど、ここのところ低迷していたヘルツォーク監督にとってもターニングポイントになる記念すべき1本といえるだろう。そのほか映画『ゴーストライダー』でニコラスと共演経験のあるエヴァ・メンデス、映画『バットマン フォーエヴァー』でタイトルロールを演じた実力派ヴァル・キルマーらが脇を固めている。

映画『バッド・ルーテナント』は2月、恵比寿ガーデンシネマほかにて全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]