北乃きい、ムチムチのナマ脚で登場!天然コメントで赤西仁と小林武史監督がタジタジ!?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ムチムチな生足がかわいい北乃きい

 25日、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて、映画『BANDAGE バンデイジ』ヒット御礼イベントとして、全国39劇場に同時配信される39(サンキュー!)劇場同時生中継舞台あいさつと題した舞台あいさつが行われ、主演の赤西仁北乃きい小林武史監督が登壇した。北乃は、ミニスカートからムチムチのナマ脚をのぞかせ、若さあふれる元気な魅力を存分に振りまいていた。

映画『BANDAGE バンデイジ』写真ギャラリー

 この日は映画のオフィシャルホームページに寄せられた質問に登壇した3人が答えていくという形式でトークが進行。「初めて会ったときと、撮影が終わった後のお互いの印象は?」という質問になったとき、赤西は北乃について「普段はこのまんまで(笑)、かわいらしい。でも演技になるとぱっと変わる素晴らしい女優さんですね」と絶賛。しかし、対する北乃は赤西について「最初、自己紹介のとき笑わなくて怖かった……」と率直コメントをし、そのときの赤西の様子をものまねをしてみせた。その後も北乃は小林監督のことを「いつも革の洋服を着ていたので、現場ではいつも革の匂いがしていました。今でも革の匂いをかぐと、監督を思い出します(笑)!」などと率直な天然発言を連発し会場を沸かせ続けていた。

[PR]

 最後に作品の続編の可能性についての話題になると、赤西は「この作品が『映画ってこんなに楽しいものなんだ』と気付かせてくれた。もう一回やってみたいです!」とやる気満々のコメント。小林監督は「今はまだ考えてないけど、ありえない話じゃない。みなさんよろしくお願いします!」と次へつながるようなヒット作になるよう、観客に応援を求めていた。

 『BANDAGE バンデイジ』は、音楽プロデューサーの小林が監督、映画監督の岩井俊二が脚本を手掛けた青春ドラマ。バンドブームが吹き荒れる1990年代を舞台に、メジャーデビューを目指すバンドメンバーたちの友情や確執、恋愛模様を描く。

映画『BANDAGE バンデイジ』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]