映画『告白』なぜかピンク色なポスター解禁!木村佳乃は過保護すぎる母親役、岡田将生はウザい新人教師役

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画『告白』ポスターは、その過激な内容に反して乙女なピンクを基調としたデザイン - (C)映画「告白」フィルムパートナーズ

 2009年本屋大賞を受賞した小説を原作にした映画『告白』のポスタービジュアルが解禁され、過激な内容とは裏腹に意外にもピンク色を基調にしたビジュアルということがわかった。本作では、松たか子が女教師を演じるが、共演する木村佳乃岡田将生の役がらも明らかになってきた。

 松の役は、教え子にまな娘を殺された女教師というショッキングな役どころで、松の演じる女教師を中心に物語は展開していく。そんな松の脇で、殺人犯の過保護すぎる母親役に木村佳乃、熱血すぎてウザい新人教師ウェルテル役に岡田将生と二人とも今までとは違うタイプの役がらに挑戦している。

 監督は、『下妻物語』『嫌われ松子の一生』『パコと魔法の絵本』などの大傑作を生み出してきた、中島哲也監督。昨年10月24日から撮影が開始され、今年1月20日に無事クランクアップを迎えた。物語は、娘を何者かに殺された女教師の復讐(ふくしゅう)からはじまる。さまざまな関係者の告白によって明かされていく事件の真相。目線が変わることで起こるドンデン返し。HIV、いじめ、引きこもりなど、現代的なファクターが強烈なリアリティーと緊張感を生み、衝撃的なラストを迎えていく。

[PR]

 また、映画化に続いてコミック化も決定。双葉社の女性向けコミック誌「Jourすてきな主婦たち」にて、2月2日発売の3月号から3号連続の集中連載がスタートすることが分かった。

映画『告白』は2010年6月5日全国東宝系にて公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]