市原隼人、サプライズ誕生日祝いに感無量!小悪魔ヒロインを演じた比嘉愛未は「熱くて情熱を持っている人」と絶賛!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
比嘉愛未と市原隼人

 4日、中野サンプラザホールにて、映画『猿ロック THE MOVIE』完成披露試写会が行われ、主演の市原隼人比嘉愛未小西真奈美高岡蒼甫芦名星渡部豪太和田聰宏前田哲監督が登壇したほか、mihimaru GTが主題歌「Love Letter」を熱唱した。

映画『猿ロック THE MOVIE』

 オープニングからライブで盛り上がった後、キャスト陣がストーリーにちなんで巨大トランクから登場すると客席は大歓声。さらに6日に23歳になる市原に、サプライズでバースデーケーキが贈られると、市原は「ありがとうございます! これからも新しい自分を見つけていきたいです!」と感激の面持ちでさらなる飛躍を誓った。そして本作について「年を取ると、相手をピュアな目で見るのは難しい。でも映画で僕が演じる猿はいつも他人を信じ抜くし、それで相手も変わっていく。観終わった後、『誠意とは何か』と話し合うきっかけになれば」と激アツな表情で観客にメッセージを送った。

[PR]

 一方、本作で市原ふんする猿を翻弄(ほんろう)する謎の美女を演じた比嘉は「監督から『小悪魔風に演じて』と言われて。悩んだり葛藤(かっとう)したりしながら取り組んだけど、その分得るものも大きかったです」と今回の仕事が実り多い経験だった様子。市原については「猿と同じように熱くて情熱を持っている人。わたしを引っ張ってくれたし、いい意味で刺激をくれて感謝してます!」と絶賛していた。

 『猿ロック THE MOVIE』は、累計450万部を突破した人気漫画をテレビドラマ化した「猿ロック」待望の映画化。謎の美女(比嘉)の依頼で、警察の権威にかかわる重大な秘密が入ったトランクを運び出してしまった天才鍵師の猿丸(市原)が、秘密流出を恐れる警察と銀行強盗犯の両方から追われ、破天荒な逃走劇を繰り広げる。

映画『猿ロック THE MOVIE』は2月27日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]