シネマトゥデイ

中山美穂、舞台あいさつで感動の涙!西島秀俊がハンカチ手渡す優しさ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
感激の涙を西島秀俊が渡したハンカチでふく中山美穂

 女優の中山美穂が7日、東京・丸の内TOEIで主演映画『サヨナライツカ』の大ヒット御礼舞台あいさつに登壇した。中山は、本作が女性層を中心に興収10億円超えが見込めるヒットを記録していると知り、現在暮らすフランスから緊急再来日。「日本中の観客の皆さんにお礼を伝えたい」と6日と7日、東京・名古屋・大阪・福岡の4都市8劇場で日本縦断の御礼舞台あいさつを行っていた。

映画『サヨナライツカ』写真ギャラリー

 強行スケジュールで日本を横断し、全国のファンと対面してきた中山は、ついにゴール地点である東京有楽町にたどり着いて、感激した様子。客席から伝わる熱気に加えて、お祝いのくす玉が割られると、感動が一気に吹き出したかのように涙を流し始めた。そんな中山に、共演者の西島秀俊がサッと自前のハンカチを手渡し、ジェントルマンぶりを発揮。この心づかいに中山はさらに感動してしまい、「涙もろくなってしまって、歳取ったのかな」と言葉を発するのが精いっぱいだった。

[PR]

 「本当に温かく迎えていただいて感激。いろんなとらえ方ができる作品なので、観るタイミングや回数によっても感想が違うはず。わたし自身も25年後に改めて、この作品を観直してみたい」と語る中山は、観客からの鳴り止まぬ拍手を受けながら、名残惜しそうに会場を後にした。

 『サヨナライツカ』は自由奔放に愛を求めて生きる沓子(中山)と、別の女性と婚約中のエリートサラリーマン(西島秀俊)の激しくも切ない愛を描いたラブストーリー。監督は映画『私の頭の中の消しゴム』が日本でも興収30億円突破のヒットを記録したイ・ジェハン監督で、4月には本作が韓国で公開される予定だ。

映画『サヨナライツカ』は新宿バルト9、丸の内TOEI2ほか全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]