米倉涼子、今にも泣き出しそう…『交渉人』初日に感無量!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
米倉涼子、感無量

 11日、東京・銀座の丸の内TOEI1にて、映画『交渉人 THE MOVIE』の初日舞台あいさつが行われ、米倉涼子反町隆史林遣都陣内孝則筧利夫塚地武雅高知東生城田優八神蓮林丹丹松田秀知監督が登壇した。

映画『交渉人 THE MOVIE』写真ギャラリー

 冒頭、MCからあいさつを求められた主演の米倉が「こんにちは」とあいさつすると、満員の観客席からも「こんにちは」の声が。このリアクションに米倉は、「笑っていいともに出てると思ったわ」とつぶやいた後、「映画の初日って、こういうことなんですね。感動しています」と感想を述べ、さらに「面白かったですか?」と観終わったばかりの観客に尋ねると、大きな拍手が返ってきた。

[PR]

 全員のあいさつが終了した後、本作ストーリーのキモである巨大飛行機の形をしたチョコレートが登場。実は主演の米倉が皆の労をねぎらい注文したものだった。さらにこの日登壇した全員に食べさせようとしたところ、陣内が「米倉さんに食べさせてもらえるのであれば、糖尿病になってもかまいません」と発言し、場内は大爆笑に。

 そんな米倉からチョコを食べさせてもらった男性メンバーは、骨抜きになってしまい、陣内は満足気な表情、反町はガッツポーズをして喜びを表現していた。さらにMCからバレンタインデーの予定を聞かれた米倉が「イケメンを両手に抱え、映画館に行きたいと思っています」と述べると、陣内が「米倉さんさえよければ、僕も反町君もいつでもタイガー・ウッズになります」と発言し、再び場内は大爆笑に。

 米倉は、「ドラマからスタートしたこの作品がこのように映画にもなり、たくさんの方に感謝しています。この映画をたくさんの方に観てほしいです。300万人突破記念でまた会いましょう!」と今にも泣き出しそうな声で語り、初日舞台あいさつは終了した。

 映画『交渉人 THE MOVIE』は、米倉主演の人気テレビドラマ、「交渉人」シリーズの劇場版となるハードボイルド・サスペンス。難事件を次々と解決する警視庁捜査一課のネゴシエーター、宇佐木玲子が、ハイジャック犯と命懸けで格闘する姿をダイナミックに描く。

映画『交渉人 THE MOVIE』は2月11日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]