『タクシードライバー』をマーティン・スコセッシ監督、リメイクか?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
マーティン・スコセッシ監督

 マーティン・スコセッシ監督が、1976年の映画『タクシードライバー』のリメイク版を企画しているといわれている。ロバート・デ・ニーロが海兵隊出身のタクシードライバーを演じた本作は、30年以上経った今でも多くの映画ファンを魅了し続けているが、リメイク版では『ダンサー・イン・ザ・ダーク』のラース・フォン・トリアー監督が参加するという。トリアー監督の出身地であるデンマークでは、雑誌「エッコ」がスコセッシ監督との話し合いが進んでいると報じており、リメイクか、あるいは続編の形となる可能性もあるとのこと。トリアー監督の製作パートナーはこのうわさについて「まだ確定とも、否定ともいえない」と曖昧なコメントをしている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]