レオナルド・ディカプリオ、ニコチンパッチで悪夢にうなされる?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
レオナルド・ディカプリオ

 レオナルド・ディカプリオが禁煙をしようと、ニコチンパッチを試してみたところ睡眠不足に陥ったという。

 「ニコチンパッチを使用したら、血が凍るような殺人の悪夢を見たんだ。大量殺人だよ。夜中に起きてパッチを外さなきゃならないほどだった。精神分析をするとどう解釈されるのかはわからないけど、パッチをしたら悪夢を見た」と語った。

禁煙を試みているレオナルドは、撮影の合間に映画の中で演じる複雑な役柄から逃れたい時は「格安のセラピー」として友人と酒を飲むという。「時々は飲みにでかけるよ。僕は仕事を真剣に受け止めていて、撮影中はすべての集中力を仕事に注いでいる。だから、友人たちと飲んで、たわいもないことを話して、バカのように振舞うんだ。そうすることで、撮影中に蓄積した真剣すぎる部分を排除している。友達とバカみたいに振舞うのはセラピーの一種だ。最高だよ」と語っている。(BANG Media International)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]