市原隼人『猿ロック』初日に熱い思い!何度も頭下げファンと握手しまくる姿にファン大感動

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『猿ロック THE MOVIE』初日を迎え何度も頭を下げて感謝のジェスチャーをする市原隼人

 27日、新宿バルト9にて映画『猿ロック THE MOVIE』初日舞台あいさつが行われ、市原隼人比嘉愛未高岡蒼甫芦名星渡部豪太小西真奈美前田哲監督が登壇した。

映画『猿ロック THE MOVIE』写真ギャラリー

 満席となった場内には、市原演じる主人公・猿丸耶太郎のコスプレをした親子や、手作りの名前入りうちわやボードを持参して掲げる熱狂的なファンが続出。ついにキャスト陣が登場すると、興奮の悲鳴が起こった。

[PR]

 下町で産まれ育ったサルと仲間たちが繰り広げる物語だけに、市原は「仲間は、ホント大事っスね」と熱弁。小西も「はたから見ると悪でも、その人にとっては正義だったりする。どこまでが正義でどこからが悪なんだろうってすごく考えました」と真剣な面持ちで語った。

 そんな中、高岡は用意されたフリップに「変」の文字を刻み、「変化の変です(笑)。ドラマでは8・2分けだった髪型が映画では7・3になってたりね……」とギャグ混じりのスピーチを繰り広げ、観客からも笑いが。しかし「みなさんの良いように解釈(かいしゃく)して、(世の中を)変えてってくれればと思います」と締め、しっかりと思いを語った。

 最後に観客席へ登場しての写真撮影となると、市原は進んで観客と握手を繰り返し、何度も頭を下げて感謝のジェスチャー。その姿に観客もすっかり胸を打たれた様子で「イッチー!!」と叫び続けていた。

 『猿ロック THE MOVIE』は累計400万部を売り上げた大人気コミックの原作を映画化。天才的なカギ職人の腕を持ちながら、とにかく美女に目がない猿丸耶太郎(市原)が繰り広げるノンストップ・アクションに最後まで目が離せない注目作品だ。

映画『猿ロック THE MOVIE』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]