キルスティン・ダンスト、雑誌の撮影でグラマラスな姿を披露

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
アメリカのファッション誌「V」の表紙に登場したキルスティン・ダンスト - Photo:Splash/アフロ

 キルスティン・ダンストが、アメリカのファッション誌「V」の撮影で1930年代のハリウッド女優風グラマラスな姿を披露した。写真はこれまでも多くのセレブを手がけている有名なフォトグラファー、マリオ・テスティーノ氏で、金髪を後ろにまとめたキルスティンが黒のレースがあしらわれたドルチェ&ガッバーナの白いトップスを着てうつろな目をしている印象的なショットが表紙に使われる。そのほかにも背中が大きく開いた白いドレスや、トップレス姿に黒のフェザーのヘッドピースという大胆な写真も。

 キルスティンは新作映画『オール・グッド・シングス』(原題)でライアン・ゴズリングと共演。1980年代のニューヨークを舞台に、不動産王がひとりの美しい女性と出会ったことから巻き起こるミステリアスなラブ・ストーリーだが、キルスティンは同誌のなかで、「この役は私が自分自身を最も見せられた役。これまでで最高の仕事だったことは確かよ」と、今回の役柄に自信を見せている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]