ドキッとするブロンド美人の正体は15歳のダコタ・ファニング!まるで小悪魔ブリジット・バルドー?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
アメリカの雑誌Vマガジンの表紙 - Photo:Splash/アフロ

 『ニュームーン/トワイライト・サーガ』で少女から女性に成長した姿を世界中に披露した、かつての天才子役で現在15歳のダコタ・ファニングが、さらに大人びたセクシーな姿をアメリカの雑誌Vで披露した。

 ダコタはVマガジンで、堂々表紙を飾っているのだが、いままでのダコタとはまたまったく違うイメージ。往年の女優ブリジット・バルドーを彷彿(ほうふつ)させるかのような、逆毛立ったブロンドのロングヘアーのセクシーな女性に成り切っている。真っすぐにに見据えた目がたとえるならまるで“女豹”のよう? そこには、あのかわいいダコタちゃんの面影はまったくない。ダコタはこの出来上がりを見て「とても情欲的な感じよ」と語り、満足しているらしい。

 ダコタの最新作は、『トワイライト』シリーズのクリステン・スチュワートと共演した、映画『ランナウェイズ』で、女の子バンドのリードボーカル兼キーボードのシェリー・カーリーをセクシーに演じて、また新たな一面を見せてくれている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]