宮崎あおい、高校時代の夢はガソリンスタンドでアルバイト!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
高良健吾、宮崎あおい、桐谷健太

 大阪府内のライブハウスで10日、映画『ソラニン』のスペシャルトークイベントが行われ、宮崎あおい高良健吾桐谷健太が登場。宮崎率いる劇中バンド・ロッチによるライブシーンが公開され、集まったファンを熱狂させた。

映画『ソラニン』

 この日公開されたのは、本作のメインテーマソングである「ソラニン」の直前に使用される「ささやかな」という曲の未公開ライブシーン。元々本編ではほとんど使われない練習曲として用意されていたが、曲を気に入った宮崎らの強い希望で、撮影では1曲丸ごと演奏したという楽曲だ。

[PR]

 本作で歌とギターに初挑戦した宮崎は「歌は苦手だったので、今回も考えて考えて、飛び込む思いでした」と心境を告白。これをきっかけに歌手としての活動はないのかと尋ねられると、撮影中は幸せだったと前置きしながら「歌に関して自信はいつまでも持てないと思いますし、本業のお芝居で頑張りたいと思います」とコメント。

 また「ささやかな」のライブシーンについては「大きなスクリーンで観るのは初めてだったので、あのときのことを思い出して、うれしくなると同時に、あのステージに立っている自分をうらやましく思いました」と集まった観客同様興奮を隠し切れない様子で、「最初に聴いた瞬間から好きになって、ギターで全部弾けるようになりたいと思ってしまいました。1曲演奏することになったのは、特に話し合ったわけではなく当然のようだった気がします」と撮影秘話を明かした。

 最後に観客から、子どものころの夢は? と尋ねられた宮崎は「高校生のころは、ガソリンスタンドでアルバイトをしてみたかったです!」と素朴な返答で周囲を驚かせ、桐谷の「宮崎さんがアルバイトしていたら、1リットルしか減っていなくても、ガソリンを入れに行きます(笑)」とのコメントに観客も納得しているようだった。

 『ソラニン』は、単行本が累計70万部突破した浅野いにおの同名原作コミックを映像化した青春恋愛ストーリー。「ソラニン」という名の詩をモチーフとした切ない恋物語を軸に、若者たちのリアルな心情を描き出す。

映画『ソラニン』は4月3日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]