北川景子、艶やかな桜柄の着物姿で登場!ほほを桜色に染めてニッコリ!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
しだれ桜柄の着物がお似合いの北川景子

 3日、映画『花のあと』の初日舞台あいさつが丸の内TOEI2で行われ、中西健二監督、主演の北川景子をはじめ、甲本雅裕宮尾俊太郎國村隼が登壇した。

映画『花のあと』写真ギャラリー

 主演の北川が初めて時代劇に挑戦したことから、この日は登壇者全員が着物姿で登場。淡い金色の地にしだれ桜柄のあでやかな着物に身を包んだ北川は、ため息が出るほどの美しさで観客を魅了した。「1年半前に殺陣の練習を始めてから、ずっとこの日を待ちわびていました」と頬を桜色に染めた北川。半年間、専門の先生について、殺陣と所作の練習をしたことは北川の大きな財産になったといい、「普段の食事のときなど、私生活での立ち居振る舞いにもいい影響を与えてくれました。今後、女優を続けていく上での糧にもなりました」と、凛とした表情で語った。

[PR]

 この日はホワイトデーの前日ということで、共演者を代表して父親役の國村から北川に桜スイーツのプレゼントが行われた。「バレンタインデーに、もらってないんですが……。でもご苦労様」と國村がスイーツを手渡すと、「あ、すみません」と少々あせりながらもニッコリと受け取った北川。そして最後に、「日本人の内面性の美しさ、日本の四季の美しさがぎっしり詰まった作品です。本作を通して、藤沢先生のすばらしい世界を多くの人に知ってもらいたいですね」と締めくくった。

 本作は、藤沢周平の同名短編小説を、『青い鳥』の中西健二監督が映画化。ただ一度、竹刀を交えた江口孫四郎(宮尾)に一瞬にして恋に落ちた以登(北川)。その数カ月後、最期まで武士で在り続けようと自ら命を絶つ孫四郎。そのひたむきな「義」を受け継ぎ、それを貫き通そうとする以登。そんな以登を支え、温かく見守る許嫁の片桐才助(甲本)。三人三様の運命が切なく、美しい。

映画『花のあと』は丸の内TOEI2ほかにて、全国公開中。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]