ジョニー・デップ、ドキュメンタリー映画のサントラでジム・モリソンの詩を朗読

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ロックバンド「ドアーズ」のボーカル、故ジム・モリソンがつづった詩を朗読することになったジョニー・デップ

 ジョニー・デップが、新作ドキュメンタリー映画のサウンドトラックのなかで、ロックバンド「ドアーズ」のボーカル、故ジム・モリソンがつづった詩を朗読することになった。

 映画『フェン・ユー・アー・ストレンジ』(原題)はトム・ディチロ監督によるドキュメンタリー作品で、初期の頃のドアーズの活動や1971年にモリソンが亡くなるまでの、膨大な映像を集めて構成されており、ジョニーはナレーションを務めている。2月に開催されたベルリン国際映画祭で上映された際には、ドアーズのドラマー、ジョン・デンスモアが鑑賞し、「初期の頃のジムの姿をしっかり見せている。彼の無垢でシャイなところがよくわかって、すごくよかった。あれこそ、僕の知っているジムだ」と賞賛している。
 サントラ版では、ドアーズの曲12作品とともに、レア映像を5本、さらにモリソンが綴った15作品の詩をジョニーが朗読する。サントラは4月に発売される予定。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]