清楚な白ワンピで美脚を披露の仲里依紗、恐竜時代へタイムリープしたいと明かす!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
仲里依紗

13日、新宿ピカデリーにて、映画『時をかける少女』初日舞台あいさつに主演の仲里依紗中尾明慶石丸幹二青木崇高石橋杏奈、そして谷口正晃監督が登壇した。

映画『時をかける少女』写真ギャラリー

この日、主演の仲は清楚な白のワンピース姿で登場し、青春映画のヒロインにふさわしいさわやかな魅力を振りまいた。細田守監督のアニメ版に引き続き、今作で実写版のヒロインを演じるなど作品と長く付き合ったが「『時をかける少女』はすごく大きなブランドなので、背負うのに不安がありました」とプレッシャーがあったことを明かした後、「でも(相手役の)中尾さんに助けられました!今日は最後なんで褒めておきます(笑)!」とちゃめっ気のあるコメントをして周囲を笑わせた。

[PR]

そして、ストーリーにちなんで「もしタイムリープ出来たらどこへ行きたい?」と聞かれた際「わたしは恐竜に似ていると言われるので、本当に似てるか確認するために恐竜の時代に行きたいです!」と告白。さらに「恐竜の色は全部黒だと思うんですよ!そのことを確認して本にしたいです!」とユニークな持論を述べて会場を沸かせた。

そんな風にマイペースなコメントで周囲を笑わせる仲を、谷口監督は「今回はフレッシュで魅力的な役者さんたちが揃ったけど、とりわけ仲さんはこれまでとは異なる、躍動感にあふれた瑞々しいヒロインを演じてくれました。冒頭シーンのガニマタ姿は、仲さんのアドリブです(笑)」と絶賛。そして「この映画が、みなさんの思い出の一本になればいいなと思います」と感無量の面持ちで締めくくった。

『時をかける少女』は今まで何度も映像化・映画化されてきた筒井康隆原作のSF短編小説「時をかける少女」を新たな視点で映画化した青春映画。原作の主人公・芳山和子の一人娘である芳山あかり(仲里依紗)が入院中の母親(安田成美)に代わって、母の初恋の人に会うために過去にタイム・リープして様々な経験を重ねていく様を描く。

映画『時をかける少女』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]