レディー・ガガ、クエンティン・タランティーノ監督映画で殺し屋に?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
レディー・ガガはどんな女優に?

 ブリットアワードなどで数々の賞に輝いたシングル「ポーカー・フェイス」のヒットで、日本でも大人気の歌手レディー・ガガ。来月には、単独来日ツアーが決まっているが、その彼女がクエンティン・タランティーノ監督映画へ出演するかもしれない。

 イギリス版MTVが伝えたところによると、タランティーノ監督はガガの大ファンであり、すでに彼女のための映画企画をいくつか温めているとのこと。タランティーノ監督は、ガガの個性的な性格や才能など彼女の魅力を認めており、ありのままのガガを映画に登場させたいと考えているようだ。企画されている映画のひとつは、ガガが殺し屋を演じる作品になり、彼女も映画へ出演することを楽しみにしているそうだ。

 先日には、ガガの新曲「テレフォン feat.ビヨンセ」のPVが初公開されたばかりで、PVにはタランティーノ監督映画『キル・ビル』でユマ・サーマン演じるザ・ブライドが運転していたプッシー・ワゴンが登場し、話題になっている。ガガは、PVでプッシー・ワゴンを使用するために、今回のビデオのコンセプトを説明し、直接タランティーノ監督と交渉したと伝えられている。タランティーノ監督が新しいものを作る方法が好きと語るガガ。相思相愛ともいえるタランティーノ監督とガガのタッグは、思ったより早く実現するかもしれない。

PV「テレフォン feat.ビヨンセ」:http://www.youtube.com/watch?v=GQ95z6ywcBY

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]