ジェニファー・ロペス、リメイク版『潮風のいたずら』で主演か

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
大富豪の夫人役はお似合い?-ジェニファー・ロペス

 先日開催された第82回アカデミー賞授賞式で、プレゼンターとして登場したジェニファー・ロペス。2008年に双子の男女を出産したあとは、スクリーンから遠ざかっていたジェニファーだが、リメイク映画で久しぶりに主演を務めるかもしれない。

 業界紙ハリウッド・レポーターが伝えたところによると、コロンビア・ピクチャーズが企画している1987年の映画『潮風のいたずら』のリメイク版で、ジェニファーが主演女優として出演交渉中とのこと。『潮風のいたずら』は、実生活で恋人同士であるゴールディ・ホーンカート・ラッセルが共演したラブコメディだ。ストーリーは、事故で記憶を失った大富豪の夫人が、大工と4人の息子たちと偽りの生活を送るうちに、わがままだった性格の彼女が魅力的な女性へと変身する展開で、オリジナルはゲイリー・マーシャル監督がメガホンを取った。『ニューヨーク・ミニット』のアダム・クーパービル・コラージュの脚本家コンビが、オリジナルのレスリー・ディクソンの脚本をもとに、リメイク版の脚本を執筆する。リメイク版は、ウィル・スミスがプロデューサーとして参加する。

 出演が決まればジェニファーは、ゴールディが演じた大富豪の夫人役を演じるが、誰が相手役を演じるのか気になるところだ。2006年の夫婦共演映画『エル・カンタンテ』に続いて、ジェニファーと夫のマーク・アンソニーが共演するのも面白いかもしれない。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]