井上真央、真っ赤なセクシードレスで登場し「結婚が身近に感じた」とドッキリ発言!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
井上真央がセクシードレスで結婚観を語る

 10日、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて、映画『ダーリンは外国人』の初日舞台あいさつが行われ、主演の井上真央ジョナサン・シェア、原作者である小栗左多里とトニー・ラズロ夫妻、宇恵和昭監督が登壇し撮影の裏話などを語った。

映画『ダーリンは外国人』写真ギャラリー

 上映終了直後に行われた舞台あいさつは、本編でのさおり&トニーの仲睦まじい“ほっこり”とした雰囲気が場内に漂う中、まばゆいばかりの真っ赤なドレス姿で主役の井上が登場すると「真央ちゃん!」という歓声が上がった。そんな観客への第一声は「ド肝を抜かれてしまうほど幸せになったでしょうか」と満面の笑顔を見せる井上。さらに会場は拍手と歓声に包まれた。

[PR]

 その後、撮影中の思い出や、共演者との裏話が語られたが、終始、井上とジョナサンからは笑顔が絶えず、撮影現場がとてもよい雰囲気だったことが伝わってきた。あまりに気合が入って!? コンタクトレンズを忘れてきたジョナサンに、井上が自分のレンズを貸してあげたなんてエピソードも。また、外国人との結婚は? という司会者の問いに「小栗さん夫婦がすてきで、すごくあこがれました。でもジョナサンにはすてきな奥様がいるし……」と小悪魔的な笑顔を向けると「友達紹介してあげるって言ったんですけどね」とジョナサン。そんな二人のやり取りに原作者の小栗は「でも3日に1度、面倒くさいっておもいますよ」と突っ込みを入れていた。

 また井上からは、結婚観に関して「最初はまだ先のことかなぁ~なんて思っていましたが、この映画をやってとても近くに感じるようになりました」とドッキリ発言も飛び出した。最後はジョナサンが、舞台あいさつの当日覚えた日本語「貫禄」と「燃え尽き症候群」を披露し大爆笑を誘っていた。

 『ダーリンは外国人』はシリーズ累計300万部を突破した同名人気コミックエッセイを映画化。日本の漢字に一目ぼれして日本にやってきた語学オタクのアメリカ人男性と、日本人女性のカップルが織り成す、勘違いやギャップをユーモラスに描いたハートフルストーリー。

映画『ダーリンは外国人』は全国東宝系にて公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]