綾瀬はるか、岡田将生が初共演で歴史SF!大阪国が独立?橋下知事も期待する「プリンセス トヨトミ」映画化!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
調査官を演じる綾瀬はるか、岡田将生、堤真一

 「鴨川ホルモー」「鹿男あをによし」など斬新な世界観で高い評価を得ている人気作家・万城目学によるベストセラー「プリンセス トヨトミ」が綾瀬はるか岡田将生堤真一の出演で映画化されることが決定した。

 同作は、国家予算が正しく使われているかを調査する会計検査院の精鋭3人が400年もの間先祖代々守り続けてきた秘密を知ってしまうというところから物語が展開。はるか昔、日本の天下がまだ統一されていない時代、激動する大坂夏の陣で断絶した豊臣家。その末裔(まつえい)が生きており、大阪の人々は、ひそかに豊臣家の末裔を守り、そして驚くべきことに、大阪は大阪国として独立しているという。

 この物語の要となる調査官3人を、綾瀬はるか、岡田将生、堤真一が演じる。とぼけた風ぼうながら天性の勘で功績を上げる女性調査官・鳥居に綾瀬はるか。綾瀬は自身の等身大に近いこの役柄について、「コミカルなストーリーの中に思わずあるかも、って感じさせる歴史ロマンあふれる作品です。夏に大阪ロケということで撮影を楽しみにしています。大阪府の皆さんよろしくお願いします」と大阪の人へのあいさつも忘れなかった。

[PR]

 そして日仏のハーフで、容姿端麗な新人エリート調査官・旭ゲーンズブールを演じる若手人気ナンバーワン俳優の岡田将生は「お二方とも共演させていただくのが初めてなので胸を借りるつもりで、自分の役を全うできるように頑張ります」と謙虚なコメントを寄せた。また、一切の妥協を許さず、“鬼の松平”と異名を取る副長、松平元は堤真一が演じる。

 監督は「HERO」シリーズの鈴木雅之。「ダ・ヴィンチ・コード」的な歴史ミステリーという刺激的なモチーフに、官僚(国家公務員)vs地域、親子(家族)のきずなといった、感動のテーマをストーリーに盛り込んだ壮大なエンターテインメント作品になる。撮影は、この夏7月~9月にかけて、大規模な大阪ロケを中心に行われ、2011年初夏全国東宝系で公開。

 大阪府知事、橋下徹氏も「『プリンセス トヨトミ』は大阪府庁舎や大阪城など数々の魅力あるスポットが出てくる、まさに大阪の映画です。この映画が日本中を元気にしてくれることを期待しています。皆さんも、大阪の魅力を存分に感じてください」と大阪が舞台であることを歓迎した。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]