メリル・ストリープ、アメリカ文学芸術アカデミーの会員に選ばれて大泣き

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
誰もが納得でしょう! -メリル・ストリープ

 2つのアカデミー賞と7つのゴールデングローブ賞を獲得しているメリル・ストリープが、アメリカ文学芸術アカデミーの会員に選ばれたのを知り、その名誉に大泣きしたという。

 メリルは、「楽曲、文学、および芸術という伝統分野に当てはまらない芸術分野で活躍をする有名なアメリカ人」として特別に選ばれたとのこと。ウディ・アレンマーティン・スコセッシスティーヴン・ソンドハイムなども会員になっているが、俳優という一分野で会員になったのはメリルが初めてだという。「最初に聞いたときはあぜんとするだけでしたが、送られてきた会員名簿を見て大泣きしてしまいました。わたしなんて、アメリカ文学芸術アカデミーの建物の台所にさえ入れてもらえないと思っていたんですもの」という大女優メリルのコメントで、会員になるのがいかに名誉なのかがわかる。今回はメリルのほかに指揮者のジェームズ・レヴァインも会員に選ばれたと発表されている。

 「今年の新入会員は二人ともパフォーミング・アーティストで、共にキャリアのピークを迎えています。ジェームズ・レヴァインの指揮とメリル・ストリープの演技は、たぐいまれな洞察力、深み、そして多様性の手本です」と、詩人で会長のJ.D.マクラッチーはコメントしている。メリルとジェームズは来月、ニューヨークで行われるイベントで新入会員として迎え入れられる。アメリカ文学芸術アカデミーは終身会員制で会員数は250名。誰かが亡くならない限り、新しい会員が入会することはできないことになっている。(BANG Media International)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]