婚約中の北陽・虻川もイケメン俳優・永山絢斗に心が揺れる!?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ソフト部のユニフォーム姿でフレッシュに登場! 虻川、イケメンにメロメロ?

 22日、東京・渋谷TOEI1にて、映画『ソフトボーイ』の完成披露試写会が行なわれ、主演の永山絢斗賀来賢人加治将樹ら、フレッシュな顔ぶれが登壇し、本作のPR総監督であるお笑いコンビ・北陽の虻川美穂子伊藤さおりが、応援に駆け付けた。

映画『ソフトボーイ』ギャラリー

 本作は、佐賀県内初の男子ソフトボール部が創設された高校の実話が基になっており、出演者たちは、それぞれ劇中で使用したソフト部のユニフォーム姿で登場。会場からは、「かっこいい!」「超イケメン!」と黄色い歓声が飛んだ。

[PR]

 新進気鋭の若手俳優の中で、演技力には特に定評のある永山は、今回が映画初主演となる。「ずっと『やってやる』という気持ちでいました。撮影が終わるまでそれが続いたので、マイナス要素はありません」とプレッシャーをはねのける静かな自信を見せた。

 撮影現場は、賀来いわく「クランクイン前から皆仲が良かったので、芝居もしやすかった」そうだ。「心のキャッチボールができました」とまとめると、「今、うまいことまとめたと思ってるでしょ? でもおれは認めないよ!」と加治が突っ込むなど、本当に仲のいい様子が伝わってくる場面も。

 一方、本作のPR総監督に就任した北陽は、高校時代、ソフトボール部で知り合った仲。「ある時期、そのとき一生懸命やったことやチームワークは、一生ものになる。この『ソフトボーイ』の皆さんのチームワークも、そうなると思います」と経験者らしく伊藤が語ると、先日婚約をした虻川は、「毎日『結婚するぞ、結婚するぞ』とうわ言みたいに言っていた。そうしたら婚約できたので、『ヒットするぞ、ヒットするぞ』とうなされるくらい念じていれば、この映画の大ヒットも間違いなしですね」と説得力のある言葉で会場をうなずかせていた。

 映画『ソフトボーイ』は、佐賀県内初の男子ソフトボール部を作れば、即全国大会に行けて、女の子にもモテるという不純な動機でソフトボールを始めた高校生たちの青春群像劇。ほぼソフトボール未経験の部員たちが、やがて本気で全国大会を目指し、成長していく姿を、映画『非女子図鑑』の豊島圭介監督が鮮やかに描く。

映画『ソフトボーイ』は6月19日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]