アーノルド・シュワルツェネッガー知事、チャンスがあれば大統領にも!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
シュワちゃん、大統領に!

 俳優から政治家へ転身し、カリフォルニア州知事を務めているアーノルド・シュワルツェネッガー知事が、チャンスさえあればアメリカの大統領選挙にも立候補したい考えがあると語った。

 現在、アメリカの憲法で定められた大統領選の被選挙権は、アメリカで生まれて市民権を持つ場合、また海外生まれでも、アメリカ市民の両親が海外で産んだ場合に与えられる。アクションスターとしてハリウッド随一の名声を得たシュワルツェネッガー知事は、アメリカ国籍を取得しているが、オーストリア人の両親のもとにオーストリアで生まれた外国人のため、現在の憲法では大統領選に出馬することができない。

 テレビ番組「ザ・トゥナイト・ショー」に出演したシュワルツェネッガー知事は、法律が改正され出馬できるようになれば「間違いなく」立候補する、と語り、意欲を示した。しかしアメリカでは、憲法改正には上院・下院それぞれで3分の2の賛成と、州議会で4分の3の賛成を得なければならないため、現実には難しいと考えられている。シュワルツェネッガー知事のスポークスマンは、知事自身もそれを分かっており、現状では出馬は不可能と考えているそうだ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]