東映が映画『バトル・ロワイアル』の3D化を企画!オリジナル版同様R-15指定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画『バトル・ロワイアル』ポスター - Photo:Album/アフロ

 2000年に公開され、全国に「バトロワ」旋風を巻き起こした映画『バトル・ロワイアル』の3D化が企画されているとスクリーン・インターナショナルのオンライン版が報じた。

 それによると製作会社の東映が故深作欣二監督の問題作『バトル・ロワイアル』の3D化を企画しており、3D化のアドバイザーは深作監督の息子で続編となる映画『バトル・ロワイアル II~鎮魂歌(レクイエム)~』の監督も務める深作健太監督が務める予定だという。

 映画『バトル・ロワイアル』は高見広春の原作刊行時から話題を呼び、映画は[[藤原竜也前田亜季山本太郎柴咲コウビートたけしら超豪華キャストを迎えて製作された。劇場公開時には中学生が殺し合う過激な設定のためにR15+指定されたにもかかわらず約30億円のヒットを飛ばし、国内のみならず海外でも公開されて好評を得ていた。

 3D化した作品は今年10月に完成、11月には日本国内で公開される見通しだが、オリジナル版同様、R15+指定となるのだという。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]