18禁映画がPG13指定に異例の無条件変更!ジュリア・ロバーツの新作映画

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画『食べて、祈って、恋をして』より

 映画会社の主張が受け入れられ、ジュリア・ロバーツの新作映画『食べて、祈って、恋をして』の観客制限条件が緩和された。

映画『食べて、祈って、恋をして』

 WENNによると、エリザベス・ギルバート原作の『食べて、祈って、恋をして』は、乱暴な言葉が多いことから17歳未満は保護者同伴を必要とするR指定を言い渡されたという。しかし、コロンビア・ピクチャーズは映画分類基準上訴委員会に指定を下げるよう申請。異例なことに、映画に一切の編集を加えずにR指定はPG13(13歳未満は保護者の厳重な注意を要する)に変更を認められたとのこと。同映画はアメリカで8月に公開される予定。

 これまでにも観客制限が変更になった例はあるが、大体においてセックスシーンをカットしたり、乱暴な言葉のシーンをカット、またはアフレコで変更するなどの編集をした上で認められている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]