ダニエル・クレイグ、リメイク版『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』へ出演か?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ダニエル・クレイグ

 映画『007 カジノ・ロワイヤル』『007 慰めの報酬』の6代目ジェームズ・ボンド役で知られるダニエル・クレイグが、スウェーデンの大ヒット映画『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』のハリウッドリメイク版へ出演するかもしれない。

 ハリウッドニュースサイトDeadline HollywoodとThe Wrapが相次いで報じたところによると、ダニエルがハリウッドリメイク版『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』への出演交渉中とのこと。出演が決まれば、ダニエルはオリジナル版でミカエル・ニクヴィストがふんした、雑誌「ミレニアム」の発行責任者のミカエル・ブルムクヴィストを演じる。同役は、以前にブラッド・ピットが候補にあがっていると言われていた役柄だ。

 製作するソニー・ピクチャーズは、現在のところ、誰にも出演オファーはしていないとコメントしているが、ダニエルの出演は濃厚で、ジョン・ファヴロー監督のアメコミ映画『カウボーイズ&エイリアンズ』(原題)に続く、主演作になるだろうといわれている。

 ハリウッドリメイク版『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』は、『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』の鬼才デヴィッド・フィンチャー監督がメガホンを取り、『シンドラーのリスト』でアカデミー脚本賞を受賞しているスティーヴン・ザイリアンが脚本を執筆する。オリジナル版でノオミ・ラパスが演じた、鼻ピアスと全身タトゥー姿のヒロイン候補には、キャリー・マリガンエレン・ペイジナタリー・ポートマンキーラ・ナイトレイミア・ワシコウスカオリヴィア・サールビーなど人気女優の名前があがっているが、正式な出演オファーはされていない。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]