豊川悦司、丸刈りで会見に登場!主演作を一言でいえば「サムライブルー」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
丸刈りで登場した豊川悦司

 映画『必死剣 鳥刺し』の完成報告記者会見が5日、東京・有楽町の東京會館で行われ、主演の豊川悦司池脇千鶴吉川晃司戸田菜穂村上淳関めぐみ岸部一徳、主題歌を歌うalan、そして平山秀幸監督が浴衣姿で登場した。

映画『必死剣 鳥刺し』写真ギャラリー

 現在、新藤兼人監督の戦争映画に出演している豊川は、丸刈りで会見に登場。先日まで南アフリカで熱戦を繰り広げたサッカー日本代表の奮闘に感化されたのか、本作を「一言でいえばサムライブルー!」とあいさつし、「この作品を通して、日本人に生まれてきて良かったなと思ってもらえば」とコメント。司会者からどんな人に観てほしいかと質問されると、「サッカーファンですね!」と即答し、記者たちを笑わせていた。

[PR]

 作品の出来栄えについては、「本当に良かったです。ここ何年間、日本映画でこういうヤツは観ていなかったな。久々に映画らしい映画ではないでしょうか」と自信のアピール。モントリオール世界映画祭に出品されることに、「歴史ある映画祭に呼んでいただき光栄。この映画を世界のお客様がどう思うのか楽しみ」と期待感をのぞかせた。南アフリカで大活躍したサムライブルーに続き、本作が国際舞台でどんな評価を得るか注目が集まる。

 『必死剣 鳥刺し』は、藤沢周平の「隠し剣シリーズ」の一編を豊川主演で映画化した重厚な時代劇。海坂藩士で、剣の達人である兼見三左エ門が、覚悟の上で藩政に悪影響を及ぼす藩主の妾(めかけ)を刺し殺したがゆえ、権力者の陰謀にさらされる姿を描く。

映画『必死剣 鳥刺し』は7月10日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]