デヴィッド・クローネンバーグ監督、ジョナサン・レセムの小説を映画化

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
デヴィッド・クローネンバーグ監督 - Frazer Harrison / Getty Images

 デヴィッド・クローネンバーグ監督が、1997年のジョナサン・レセムの小説「アズ・シー・クライムド・アクロス・ザ・テーブル」の映画化を企画している。ウェブサイト・パジバによると、クローネンバーグ監督自身がメガホンを握るつもりのよう。物語は、ある女性に執着し続ける男フィリップと、「無への出入口」に執着する物理学者アリスという2人の登場人物を中心に進んでいき、2004年の映画『エターナル・サンシャイン』のような、少し不思議なラブストーリーとなるよう。

デヴィッド・クローネンバーグ監督映画『イースタン・プロミス』写真ギャラリー

 クローネンバーグ監督は現在、新作『ア・デンジェラス・メソッド』(原題)を製作中。こちらはヴィゴ・モーテンセンキーラ・ナイトレイら大物俳優が出演し、フロイトとユングという心理学者たちの三角関係を描いている。レセムの小説の映画化ではまだキャストなどの詳細は決まっていないが、一風変わった物語ということで、クローネンバーグ監督得意のカルト的魅力も発揮できそうだ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]