クリストファー・ノーラン監督が『ダークナイト』続編の製作開始を思わずポロリ!ジョーカーに代わる悪役はリドラー?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
クリストファー・ノーラン監督

 最新映画『インセプション』がまもなく公開となるクリストファー・ノーラン監督がマスコミ取材の際に、映画『ダークナイト』続編について、すでに製作を開始していると口を滑らせたとウェブサイト、デジタル・スパイが報じている。

映画『ダークナイト』場面写真

 2012年に公開が予定されているノーラン版『バットマン』シリーズ3作目はこれまで同様、ノーラン監督本人とデヴィッド・S・ゴイヤーの書いた原案を基に監督の弟であるジョナサン・ノーランが脚本を執筆するが「ジョナサンはすでに執筆を開始しているよ」とノーラン監督が漏らしてしまった。

[PR]

 キャストについては未定とされており、ノーラン監督も口を閉ざしてはいたが、監督の新作『インセプション』にも出演しているジョセフ・ゴードン=レヴィットが出演するのではないか、とうわさされている。レヴィットが演じるのは原作コミックに登場する、謎々が大好きな天才犯罪者リドラーという説もある。リドラーは1995年に公開された映画『バットマン フォーエヴァー』にも登場しており、ジム・キャリーが演じていた。

 前作『ダークナイト』が映画『アバター』『タイタニック』に次ぐアメリカ国内歴代興行収入を記録しただけに、3部作が予定されているノーラン版『バットマン』がどのような終わり方をするのかは世界中が注目しているはずだ。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]