渡辺大、急逝した大親友に「今でも受け入れがたい現実」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
複雑な胸中を明かした渡辺大

 渡辺謙の息子で俳優の渡辺大が、主演映画『ロストクライム -閃光-』で警察監修を務め2日に亡くなった飯田裕久さんへの思いを、受け入れがたい現実だと明かした。

映画『ロストクライム -閃光-』写真ギャラリー

 渡辺は、警察監修のスペシャリストで本作で俳優デビューも果たした飯田さんを、尊敬すべき大先輩でもあり大親友と称し、「今でも受け入れがたい現実です」と寂しい胸のうちをブログで明かしている。渡辺は、本作の初日である3日の舞台あいさつ終了直後に訃報を伝えられたという。

[PR]

 飯田さんは2007年に警視庁を退職し、その後多くのテレビドラマや映画で監修を務めた。本作だけでなく、映画『踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!』でも監修を務めている。

 「色んな感情が入り混じっいて、正直カラ元気になっています」と複雑な思いをつづる渡辺。父・渡辺謙の出演映画でまもなく公開される映画『インセプション』について、ツイッターで「親父~元気してっか~?みて~な~」とつぶやきを発信し、父にエールを送っているが、一抹の寂しさをにおわす現在の様子が感じ取れる。映画・ドラマにと引っ張りだこの渡辺。ファンは更なる活躍を願っているに違いない。

映画『ロストクライム -閃光-』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]