給料は手取り3万円から!AV女優の裏側、性と生をリアルに描く!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画『名前のない女たち』場面写真 - (C)「名前のない女たち」製作委員会

 若いAV女優の性と生をつづったノンフィクションを原作に、企画AV女優として生きる女性の姿を描いた映画『名前のない女たち』が9月4日より公開される。

 なかなか普段知ることのないAV女優の世界だが、年間2万タイトル近くの作品が発売され、約1万人を超える女性がAV女優として働いているのだという。だが、アイドル同様の扱いを受ける女優はほんの一握り。そのほとんどが、企画に応じて女子高生やOL、ナースなどに変身して名前も顔も知られずに日当ギャラでセックスを売り歩く企画女優だ。本作はそんな企画AV女優たちの裏側を徹底的にリアルに描いた。

 実際にAVに出演している女の子たちの生の声から作り上げられたキャラクターを演じるのは、新人の安井紀絵。これが映画初出演にして主演となる安井は「物語は、普通の女の子たちが切ないくらい懸命に生きているお話です」とAV女優という職業の人間ではなく、あくまでも一人の女の子として演じたことを強調した。

[PR]

 同名原作ノンフィクションが累計25万部を超えるベストセラーになっている著者の中村淳彦は「無名の、ルックスが並の女の子が稼げるのはせいぜい手取り3万円から15万円くらい」とAV女優の現実を看破する。それも、行為や時間によってギャラが変動する、日雇い労働者と同じ扱い。だが、それでもAV女優になりたいという女性が後を絶たないのだという。

 ドメスティックバイオレンスやいじめなど、問題を抱える現代の女の子が行き着く場所として存在するAVの世界。本作は、そんな人に言えない悩みを持っている普通の女の子たちの青春映画。監督は、これが5年ぶりの作品となる佐藤寿保監督が務める。

映画『名前のない女たち』は9月4日よりテアトル新宿ほか全国順次公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]