一般の観客の撮影もオッケー!桜木梨奈、島村舞花のセーラー服姿で来場にアツい視線!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
飯島大介、浅田駿、安部智凛、佐藤寿保監督(後列) 泊帝、桜木梨奈、島村舞花(前列)

 女優の桜木梨奈、島村舞花が18日、K's Cinemaで行われた映画『華魂』の初日舞台あいさつにセーラー服姿で来場した。この日はほかに浅田駿泊帝安部智凛飯島大介、そして佐藤寿保監督も来場した。

映画『華魂』フォトギャラリー

 桜木と島村は劇中のセーラー服姿で登場。この日は一般の観客の撮影もオッケーだったために、会場の視線は二人に集中。そんな熱気あふれる観客で埋まった会場を見渡した桜木は「初日ということで、大勢の方に来ていただけて、いいスタートになったと感謝の気持ちでいっぱいです」と笑顔。一方の島村も「たくさんの方に来ていただけて、ドキドキしています」と感無量の表情を見せた。

[PR]

 未知の植物に憑依(ひょうい)された女子高生が、自分をいじめたクラスメートや教師に復讐する姿を描き出した本作。「初めに台本を読んだときに、瑞希という女の子はわたしとはかけ離れている部分が多かったんですが、それでもこの子はわたしだというような、そんな雷に打たれたような感覚を受けました。この役を演じられてうれしいです」と切り出した桜木は、「いじめという深刻なテーマは、簡単な気持ちで取り扱ってはいけないというか。瑞希がその瞬間に感じたことを、いかにリアルに感じて、表現するか、と思いながら演じたので、そこは大変でした」と振り返る。

 『鉄男 TETSUO』の不二稿京が久々の映画出演を果たしたほか、脚本にいまおかしんじ、撮影に『トウキョウソナタ』の芦澤明子、音楽に「あまちゃん」の大友良英たちが参加したことも話題の本作。メガホンをとったのは、かつて“ピンク四天王”と称され、日常に潜む狂気をハードに、エロティックに描いてきた『名前のない女たち』の鬼才・佐藤寿保監督。構想10数年という本作について佐藤監督は「昨今、構想10年や20年というのは珍しくはないですが、逆に言えば10数年前に立てた企画が古びていないということ。今だからこそ自分の叫びとして突きつけたいと思いました。テレビでお目にかかれないような、多少刺激的な部分のある映画ですが、映画はフィクションの世界なので、楽しんでいただければ」と観客に呼びかけた。(取材・文:壬生智裕)

映画『華魂』はK's Cinemaにて公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]