上川隆也、好きになるのも真っすぐ…復讐鬼の生き方理解しつつも自らは冗談で生きる?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
汗の量がすごいと暴露されてしまった上川隆也

 俳優の上川隆也が25日、スペースFS汐留で行われた“ゲキ×シネ”最新作『蛮幽鬼』の完成披露試写会に出席。舞台あいさつには稲森いずみ早乙女太一、そして脚本を担当した中島一樹も顔をそろえた。

 友の無念を晴らすため復讐鬼となる男を演じた上川だが、まず役について聞かれると「あまり苦労はしていないです」と背筋を伸ばしてコメント。「真っすぐに描かれている男なので、人に対しての思いが良くも悪くも真っすぐ。好きになるのも真っすぐ、怨むのも真っすぐ。とてもシンプルなので直球で演じました」と真面目に振り返える上川だったが、司会者に「上川さん自身も真っすぐ?」と聞かれると「僕は冗談で生きています!」とちゃめっ気たっぷりに即答した。

 そんな上川は本作の見せ場について「早乙女君の殺陣がうまい」と絶賛。殺陣や演技の話になり褒められても表情を崩さず聞いていた早乙女だったが、劇団☆新感線に参加した感想について早乙女が「本当に楽しかったです」とクールな表情でコメントすると、すかさず上川は「ほんとにそう思ってる?」と突っ込み早乙女の表情にほほ笑を浮かべさせる場面も。

[PR]

 さらに中島に「(スクリーンでは)上川さんの汗の量が尋常じゃないです」と暴露されると「衣装が暑いんです。あと歌ったりしているからね!」と開き直り、ノリのいいトークの連続に会場からは笑いがこぼれていた。

 本作は劇団☆新感線の舞台を映像化した“ゲキ×シネ”最新作。舞台とはまた違う迫力や興奮、感動が渦巻く人間の業をえぐりだす壮大なドラマが描かれる。

『蛮幽鬼』は10月2日より新宿バルト9、梅田ブルグ7ほか全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]