『トータル・リコール』リメイク版が製作決定!監督は『ダイハード4.0』レン・ワイズマンか?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
現在交渉中! -レン・ワイズマン監督 - Frazer Harrison / Getty Images

  アーノルド・シュワルツェネッガーの主演で1990年に公開され大ヒットした『トータル・リコール』がリメイクされることが決定し、映画『アンダーワールド』シリーズや映画『ダイハード4.0』でメガホンを取り、一躍名をはせたレン・ワイズマン監督とスタジオ側が現在最終調整に入っていることがわかった。

レン・ワイズマン監督映画『アンダーワールド:ビギンズ』写真ギャラリー

 コロンビア・ピクチャーズが製作する予定のアップデート版『トータル・リコール』は監督への最終交渉に入っていることがわかった。Comingsoon.netによると、コロンビア・ピクチャーズの現社長、ダグ・ヘルグラッドマシュー・トルマックが、レン監督との交渉が最終段階に入っていることを正式に発表して明らかにしたようだ。

[PR]

 今作もフィリップ・K・ディックの原作「追憶売ります」を基に映画化するようだが、前作のポール・バーホーベン監督版とは違ったアプローチを試みるようだ。

 脚本は、映画『ソルト』『フェイクシティ ある男のルール』を執筆した脚本家カート・ウィマーが担当し、製作は映画『バウンティー・ハンター』やテレビシリーズ「プリズン・ブレイク」をプロデュースしたニール・H・モリッツが手掛けることになっている。

 この件に関して社長マシュー・トルマックは「レン監督は、アクション映画の才能があるばかりでなく、この(Sci-Fi)のジャンルが大好きなようだ。彼こそが、我々が愛するフィリップ・K・ディックの原作に、新たな息吹を与えてくれることになるだろう」と答え、一方レン監督は「これまで、フィリップ・K・ディックの短編作品に魅了されてきた。質問したり、刺激されるような世界にこれから深く入り込んでいけることに興奮している」とコメントを残している。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]