ブラッド・ピット主演テレンス・マリック監督の新作、ヴェネチアとトロント国際映画祭からハズれる

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ブラッド・ピットが来るだけで映画祭も盛り上がります

 ブラッド・ピットが主演し、『天国の日々』や『シン・レッド・ライン』などで知られる伝説の監督テレンス・マリックがメガホンを取った新作『ザ・ツリー・オブ・ライフ / The Tree of Life』(原題)が、ヴェネチア国際映画祭とトロント国際映画祭のライン・ナップから外れることがわかった。

 これはトロント・スター紙に、トロント国際映画祭のディレクター、キャメロン・ベイリーが先週の金曜日に明らかにしたことで判明した。

 この件についてキャメロン氏は「今日は、トロント国際映画祭にとって災難日だ。現時点で、誰もテレンス・マリック監督作品が間に合うとは思っていないんだ。我々はテレンス監督が、いまだにこの映画を製作中(編集中)であることがわかっているうえに、彼が人々から急がされていて、うんざりしていることもわかっている。だから、ヴェネチア国際映画祭がラインナップから外したように、我々(トロント国際映画祭)も外すことになる」とコメントを残しているが、もし仮に映画祭前にこの映画の編集が終了すれば、急きょ加える可能性もあるともしている。
 
 今回のこの選択は、自ら全く映画の宣伝をせずに、自分のペースで作り上げてきたマリック監督を尊重して出された決断のようだ。ただ、映画界で伝説化されたマリックの新作というだけでなく、ブラッド・ピットやショーン・ペンも出演している同作、確実なチケットセールが予測できた作品であったために、映画際としては頭が痛いところだろう。ヴェネチア国際映画祭は9月1日~11日まで、トロント国際映画祭は9月9日~19日まで開催される予定だ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]