ダニエル・ラドクリフ、3Dのコメディー作品に出演決定!地球最後の日に生き残りを懸けて戦う男に?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
コメディアンの道も開けるか!? - Kevin Mazur / WireImage / Getty Images

 シリーズ最終章となる映画『ハリー・ポッターと死の秘宝』の撮影も終わり、早くも次回作への期待が高まっているダニエル・ラドクリフ。デジタル・スパイ(電子版)によると、セス・ローゲンジェイ・バルシェルのホラーコメディー映画『ジェイ・アンド・セス・ブイエス・ザ・アポカリプス / JAY AND SETH VS. THE APOCALYPSE』(原題)に主役で出演することが決まりつつあるようだ。

ハリー・ポッターシリーズ最新作の映画『ハリー・ポッターと死の秘宝(PART 1)』

 『ジェイ・アンド・セス・ブイエス・ザ・アポカリプス / JAY AND SETH VS. THE APOCALYPSE』(原題)は2007年のフィルムスクールで作られたショートフィルム。このたびそのリメイク版として復活する。地球最後の日、生き残りをかけて戦う男たちの話だ。

[PR]

 関係者によると「ダニエルはすでにかなり乗り気」らしい。ジェイ・バルシェルといえばこの夏公開のディズニー大作映画『魔法使いの弟子』に出演する。プレス・アソシエイション(電子版)によれば、先日この映画のプロモーションイベントで、ダニエルの件について聞かれたバルシェルは、「ノーコメント。ご想像にお任せします」とコメント。

 また、セス・ローゲンといえば2007年の映画『スーパーバッド 童貞ウォーズ』で全米を笑いの渦に巻き込みヒットを飛ばした、脚本家としても俳優としても注目されるコメディアン。夢のタッグでラドクリフの新たな境地が開拓されるかもしれない。

 『ジェイ・アンド・セス・ブイエス・ザ・アポカリプス / JAY AND SETH VS. THE APOCALYPSE』は2012年、3Dでリリースの予定。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]