シネマトゥデイ

小道具のナイフが本物!気づかずエヴァ・メンデス、ウィル・フェレルを殺しかける…わざとですか?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
こんなにセクシーなのに吐き気を催すなんて! - Jemal Countess / Wireimage / Getty Images

 映画『バッド・ルーテナント』のセクシー女優、エヴァ・メンデスが、新作コメディー映画『ジ・アザー・ガイズ / The Other Guys』(原題)の撮影中に、映画『俺たちフィギュアスケーター』などで知られるコメディアンのウィル・フェレルを危うく殺すところだったと本作のプレミアイベントで明かした。

エヴァ・メンデス出演映画『バッド・ルーテナント』場面写真

 ピープル誌によると事件が起こったのは、ウィルとエヴァが演じるカップルの口論のシーン。アドリブで演じることになったこのシーンの撮影で、エヴァはナイフでウィルを突き刺そうとしたのだが、実はこのナイフ、小道具ではなく、本物のナイフ。「ナイフをウィルに突き刺そうとするまで、まったく本物だと気付かなかったわ。もう少しでウィルを殺すところだったのよ!」とエヴァは語った。

 だが、この間違いは偶然ではないかも? このシーンの前には、エヴァがウィルに向かって持ち前のセックスアピールを発揮する場面の撮影があったのだが、ウィルは下着姿のエヴァを見た途端、吹き出しかけたのだという。エヴァと共にプレミアイベントに姿を見せたウィルは、「だって、エヴァはまるっきり時代遅れでぶかぶかのブラジャーを着けていたんだよ! あんまりにセクシーだったから吐き気をこらえるのが大変だったね」と撮影の舞台裏を明かしたが、このことがハリウッド有数のセクシー女優エヴァのプライドを傷つけてしまったのかもしれない。もしかしたら、それでどさくさにまぎれて……?

 本作は、ニューヨークのカリスマ警察官にあこがれる探偵たちがニューヨーク最大の事件にかかわることになったことから起こる騒動を描いたコメディー。ウィルやエヴァのほかにも、サミュエル・L・ジャクソンらが出演する。監督はウィルと5度目のタッグになるアダム・マッケイ監督。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]