エマ・ワトソン、超ショートカット!『ハリー・ポッター』終了でハーマイオニーから解放!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ショートカットもお似合いのエマ・ワトソン - -エマ・ワトソンのFacebook

 映画『ハリー・ポッター』シリーズのミューズ、エマ・ワトソンが、トレードマークでもあった長い髪をばっさりと切った。

映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』場面写真

 「ファンの皆様へ。数日前に髪を切りました。自分でもまだ信じられないけれど、すごく気に入っているの。ずっと何年も髪を切りたくてたまらなかったんだけれど、やっと切ることができてとても自由な気分よ。みんなも気に入ってくれるといいな」と本人がFacebook上でコメントしている。

[PR]

 『ハリーポッター』シリーズの最終章の撮影も終え、ハーマイオニー・グレンジャー役から解放されたエマ・ワトソンは、存分に自由を満喫(まんきつ)しているようだ。

 エマの新しいヘアスタイルは、1968年に映画『ローズマリーの赤ちゃん』で一躍トップスターに躍り出て、かつてウディ・アレンのミューズでもあったミア・ファロー、そして1957年の映画『悲しみよこんにちは』のジーン・セバーグのセシルカットを彷彿(ほうふつ)させる。

 ハーマイオニーのイメージを一新して、心機一転したエマ・ワトソン。

 これからはどの監督のミューズとしてスクリーンに登場するのか。もしかしたら、エマカットとしてショートカットが再び世界中で旋風(せんぷう)を巻き起こすかもしれない。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]