AKB48が新たな挑戦、文学と踊りを融合!泉鏡花の異色コラボによる音楽劇の上演が決定!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
二列目左から、浦野、片山、秋元、仲川、佐藤 一列目左から近藤、木の実

 24日、新大久保の東京グローブ座スタジオで音楽劇「ACT 泉鏡花~妖しのポップファンタジー~」稽古(けいこ)場会見が行われ、木の実ナナ近藤正臣、AKB48(秋元才加仲川遥香片山陽加佐藤亜美菜)、SDN48の浦野一美が出席した。
 
 明治半ばから大正、昭和にかけての幻想的な中にもロマンチシズムを感じさせる泉鏡花の文学世界とAKB48との異色のコラボレーションが話題の本作。この鏡花の世界に「月見草」「飛べないアゲハチョウ」「桜の栞」といったAKB48の曲を筆頭とした数々の音楽、踊りを融合し、俳優の声と身体、そして言葉と音楽で表現したミュージカルともオペラとも違う新しい世界観を持つ音楽劇となっている。会見に出席した木の実は満面の笑みで「AKB48の大ファンなので、この話を聞いたときは飛び上がって喜びました。最近、疲れ気味なので、AKBから若さを吸い取ろうと思います」と喜びのコメント。

 すると近藤は「オイラはすごくブルーです。年寄りか若い人だけで中間の世代がいないんですから。どうにもAKB48には勝てる気がしないので、とにかく引き分けには持ち込めるようにしたい」とボヤキながらも会場を笑わせていた。
 
 そんなベテラン二人との共演をメンバーは楽しみにしている様子で、秋元は「普段はアイドルですけれど、お二人からいろいろと吸収して成長したい」と意気込みを語ると、メンバーも次々とうなずいていた。そんな中、浦野は片岡鶴太郎がよくやっていた「近藤です」という近藤の物まねを聞いたので、「稽古(けいこ)中に一度は聞いてみたい」と異色の決意を明かして会場を笑わせていた。近藤は「やらへんって」と笑いつつも、「だから勝てないって言ったでしょ。この子たちはまじめなのか、余裕なのか、すごく真っすぐで本気だね。ああ~、こわ!」と言いながらも戦々恐々。「みんなしっかりしているよな~」とすっかりAKB48のパワーに脱帽している様子。そして木の実は「皆さんは女優としての一面を見てもらいたいとおっしゃっているので、いいライバルが現れたなという感じです。わたしも15歳でデビューをしているから、彼女たちと違和感がないんです。今は60代ですけど(笑)。秋元康さんに言って、AKB49になります」と新たなユニット結成(!?)を宣言するなど、AKBのパワーにまったく負けていない木の実だった。
 
音楽劇「ACT 泉鏡花~妖しのポップファンタジー~」は10月1日から10日まで東京グローブ座にて公演。その後、仙台、名古屋、長崎、京都、そして泉鏡花の故郷である金沢でも公演が行われる予定。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]