新垣結衣の瞳にうっすら涙!海外での公開も決まった『ハナミズキ』

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
感極まって涙が……-新垣結衣

 21日、TOHOシネマズ日劇で映画『ハナミズキ』初日舞台あいさつが行われ、新垣結衣生田斗真向井理、そして土井裕泰監督が登壇した。

映画『ハナミズキ』写真ギャラリー

 現在、旬の3人の若手俳優が現れると、興奮のるつぼに包まれる会場内。新垣は「今まで試写会では皆さんの前に立ったことはあるんですが、今日は公開当日ということで、新しい気持ちというか、緊張しています」とあいさつ。さらに生田が「ぼく自身も大事にしたい映画になりました。今後も愛してください」と話せば、向井も「長い期間をかけて撮影した作品をお披露目できて幸せです」と感無量の様子の3人だった。そしてこの場で台湾、香港、マカオ、タイと4カ国での海外公開が決まったことが発表された。それを聞いた新垣は「言葉や文化の違いを受け止めてもらえたらしあわせです」とガッキースマイルで会場を魅了していた。

[PR]

 さて、新垣にとっては話せない英語の長セリフや、自分よりも年上のキャリアウーマンを演じなければいけないプレッシャーなどで普段以上に大変だったという本作だが、プレゼントとして土井監督が花束を渡すことに。「10年間の人生を演じるのは大変だったと思うけど、内面から紗枝ちゃんの成長を演じてくれました。そして役が成長するように、結衣ちゃんも成長したんじゃないかなと。そういう瞬間を何度も見てしあわせでした」とねぎらっていた。すると思わず胸に手を当てて「胸をおさえてないといろいろとこみ上げてきちゃって……」と感極まった様子の新垣の瞳にうっすらと涙が浮かんでいた。

 ちなみにハナミズキの花言葉といえば、「私の想いを受けてください」というものがあるが、その気持ちを表すかのようにおよそ700人が集まった会場から主題歌「ハナミズキ」の合唱をサプライズでプレゼント。その歌声に一緒になって口ずさむ新垣だが、こみ上げる気持ちを抑えようとしている姿が印象的だった。本来は4月下旬から5月上旬に咲くというハナミズキだが、この会場内だけは8月の真夏日に満開の花びらが咲きほこることになった。

 本作は、2004年のリリース以来、今でもカラオケランキングベスト10に入り続ける一青窈のヒット曲「ハナミズキ」をモチーフにした純愛ラブストーリー。すれ違いながらも、お互いを思い合う男女の10年間にも及ぶ愛の軌跡が描かれる。新垣結衣、生田斗真、向井理ら人気俳優たちが織り成す、みずみずしい純愛模様にも注目だ。

映画『ハナミズキ』は全国東宝系にて公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]