妻を亡くしたマーティン・ショート、エミー賞授賞式を欠席

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
マーティン・ショート - Jason Kempin / Getty Images

 映画『花嫁のパパ』、テレビドラマ「ダメージ」のマーティン・ショートが妻の急死を受けて、エミー賞授賞式を欠席することが明らかになった。

マーティン・ショート出演映画『ウォルト・ディズニーのサンタクローズ3/クリスマス大決戦!』場面写真

 マーティンの妻で元女優のナンシーはガン闘病中で自宅で死亡。死因は自然死だったと発表されている。ナンシーとマーティンは1972年に出会い1980年に結婚し、二十歳を超えた子どもたちが3人いる。

 マーティンはテレビドラマ「ダメージ」で、「LOST」のテリー・オクィンマイケル・エマーソンらと共に、2010年度エミー賞ドラマ部門最優秀助演男優賞にノミネートされていた。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]